Jive Japan User Luncheon - November, 21st 2014

Version 9

    Konnichiwa

    On Friday, November 21st, the Jive users from Japan gathered at The French Kitchen in Tokyo to discuss a range of topics, from launching a new community to improving engagement. The food was great, but the conversation was even better (thanks to tone for interpreting).

     

    こんにちは

    11/21(金)に日本のJiveユーザが東京にある The French Kitchen に集まり、コミュニティの立ち上げやエンゲージメントの改善などのような、いろいろなトピックスについて話し合いました。食事は美味しかったし、会話は素晴らしかったです(tone、通訳ありがとうございます)。

     

     

    Attendees

    Jive: VP of Sales robert.yue, Sr. Strategy Consultant Corey Mathews, and Account Manager Tayler Trottier

    Customers: Morgan Stanley, Ricoh, Honda, Mylan

     

    参加者

    Jive: セールスVP robert.yue、シーニア戦略コンサルタント Corey Mathews、アカウントマネージャ Tayler Trottier

    お客様: Morgan Stanley様、Ricoh様、Honda様, Mylan様

     

    FullSizeRender.jpeg

       "Hurry up with the picture so we can dig into these yummy desserts!" 「デザート食いたいから早く写真撮ってくれよ!w」

     

    Topics

    トピックス


    Use case discovery and delivery: When you have a new community, how do you go about finding the use cases and implementing them?

    A use case is defined as a group of people, doing something in Jive, to achieve business value. Start by thinking of a group of employees at your company who would be interested in using Jive to improve the way their team works. This can be a single department, like Sales, or a group that crosses multiple departments, like a Community of Practice for Project Managers. Use cases differ for each company based on culture. To implement your use case, you'll need a community manager to help with training and promotion. Introduce Jive to the team by giving them a real life example of why they should use Jive. This could be as small as starting a discussion in Jive with their team members instead of sending an email. Continue to support your use cases going forward. Remember to gather a benchmark of data to use when you need to measure results later.

     

    ユースケース発見と実施 - 新規コミュニティの場合、どうやってユースケースを発見して実施するの?

    ユースケースとは、人々の集団がJive上でビジネス価値を達成するために「何か」をする、ということです。まずは、Jiveを利用してチームの仕事をより良くしたい社員のグループを考えましょう。営業のような一つの部門でもいいし、実践コミュニティやプロジェクトマネージャのような複数部門を横断する集団でもいいです。会社の文化によってユースケースが異なる場合が多いのです。ユースケースを実施するためには、コミュニティーマネージャに教育やプロモーションにおいて支援をもらうのが重要です。社員に、実例で「なぜ」Jiveを使うべきなのかとJiveを紹介するのもいいでしょう。メールの代わりにディスカッションを作成する、というような小さなことから始めても大丈夫です。とにかく継続的にユースケースを促進すること。後で効果を測定できるためにはデータのベンチマークを設定することを忘れないように!

     

     

    Executive sponsorship - What are some good ways to get executives involved and openly using the community?

    Executives are busy people. They want to support the Jive team, but may not have them time to browse activity and create content. A good idea is to meet with a member of the communications team to have them help craft a message on behalf of your executive for them to review and post when they're ready. This saves time and encourages your executives to focus on the ease of using the community, rather than writing content. The next best thing is to ask an executive to post a quick status update. Users will be excited to see activity from the CIO and engagement will improve.

     

    経営層による援助 -どうやって経営者を積極的に参加させたり、「オープン」にコミュニティを利用させるの?

    経営者は忙しいんです。社内Jiveチームに支援したいのですが、アクティブティを見たりコンテンツを作成したりする時間がなかなかないかもしれないのです。それに対して、コミュニケーション部門が、コミュニティマネージャのサポートを受けながら経営者の代理としてメッセージを作成し、できる時間に経営者の承認をもらって投稿することが一つの手段です。そうすると時間の節約もでき、経営者がコンテンツ作成ではなく、コミュニティの使いやすさにもっと集中できるようになるでしょう。それで軽くステータスを更新してみたら、と経営者に頼むと良いです。CIOからのアクティビティを見ると社員は興奮し、エンゲージメントが改善されるでしょう。


    Measuring ROI - How can I measure success and show stakeholders the impact we've made in the business?

    To determine success, you need to understand your community's goals, and what success looks like for each goal. There are multiple resources you can use to measure qualitative and quantitative results, like surveying users or analyzing numbers in the Community Manager reports. Another way is to return to the benchmarks created from your use cases and see their improvements after using Jive.


    ROI測定 -どうやって「成功」を測定してステークホルダーにどれだけビジネス価値を生み出したかを見せるの?

    「成功」を測定するには、コミュニティのそれぞれ目標と、それに対する「成功」イメージを理解するのが必要です。ユーザ調査、コミュニティマネージャレポートのデータ分析のような、質的結果および定量的結果を測定するためのリソースがいくつかがあります。もう一つの方法は、ユースケースのベンチマークを振り返って、Jiveを使ってどのような改善ができたかを見せるのです。


    See Corey's JiveWorld365 presentation here: Advanced Measurement: Proving Business Value to Expand or Sustain Your Community - THURSDAY, OCT 23RD 3:00 PM – 4:00 PM

    CoreyのJiveWorld365 発表はこちらです: Advanced Measurement: Proving Business Value to Expand or Sustain Your Community - THURSDAY, OCT 23RD 3:00 PM – 4:00 PM

    IMG_0401.JPG

        Tone driving conversation and interpreting questions for our English speaking attendees. 会話を促進して英語圏参加者に質問を通訳しているTone.

     

    Next time

    Stay tuned for another user group meeting around early February. We're hoping to have a speaker from Jive attend to discuss specific topic. Any ideas? Comment below.


    次回

    次の日本ユーザグループミーティングは2015/2前半なのでお楽しみに!Jiveの人に特定なトピックスを講演してもらいたいと思います。何かアイディアがあったらコメントください!